サイト内関連ページ 遺伝性疾患もくじ OMIA 1〜100 OMIA 101〜200 OMIA 201〜300 OMIA 301〜400 OMIA 401〜500
OMIA 501〜600 OMIA 601〜700 OMIA 701〜 SiriuDog 001〜070 SiriuDog 071〜140 SiriuDog 141〜210 SiriuDog 211〜280
SiriuDog 281〜334 ●分類別-腎尿路 検査機関一覧 国内遺伝子検査病気一覧 国内遺伝子検査犬種別 遺伝病用語解説
犬種別遺伝性疾患(07年度登録頭数順) 1位ダックスフント 2位チワワ 3位プードル 4位ヨークシャーテリア 5位ポメラニアン


Dog Genetic disorder

2017年9月現在で707種確認されている犬の遺伝形質、遺伝性疾患
のうち、主に腎臓の働きに影響を及ぼす遺伝病

作成    2006年12月
最終更新  2017年9月

・OMIAOnline Mendelian Inheritance in Animals 犬の遺伝形質
http://omia.angis.org.au/
リストの病名・代表的な症状・遺伝形式・よく研究されている犬種や動物種の和訳とメモ

●このページの情報を使用する際は一部分であっても必ずここのURLを明記してください。情報の独り歩きによるトラブル防止のためです。
●検索から直接このページに来た場合はお手数ですが遺伝性疾患もくじを一度ご確認願います。
.
38
60 114 83 6 35 22 30 58 85 79 23 35 15 24
形質 血管・血液 脳神経 筋骨格・結合組織 呼吸器 循環器 消化器 腎尿路 先天奇形 内分泌・代謝 眼・耳・鼻 腫瘍 皮膚 アレルギー・免疫 その他


腎尿路疾患     30
通番 疾 患 名 主 な 症 状 備     考 遺伝形態 主な該当犬種
161 Cystinuria, type I - A
-A型シスチン尿症
腹部の痛み、腎盂または膀胱結石、尿路感染や腎不全、尿道閉塞 Genes:SLC3A1
先天性代謝疾患の一種。シスチン尿症とはアミノ酸シスチンの再吸収障害により尿中排泄が増加する結果、尿路内にシスチン結石の形成をきたす尿細管における遺伝性の欠陥
2013年Bronsらによって分類体系(タイプ)拡張
AR ニューファン、ラブ他
162 Cystinuria, type II - A
-A型シスチン尿症
腹部の痛み、腎盂または膀胱結石、尿路感染や腎不全、尿道閉塞 Genes:SLC3A1
先天性代謝疾患の一種。中性尿にも関らず結石が形成される
2013年Bronsらによって分類体系(タイプ)拡張
AD Aキャトルドッグ
163 Cystinuria, type II - B
-B型シスチン尿症
腹部の痛み、腎盂または膀胱結石、尿路感染や腎不全、尿道閉塞 Gene: SLC7A9
先天性代謝疾患の一種。中性尿にも関らず結石が形成される
2013年Bronsらによって分類体系(タイプ)拡張
AD ミニピン
164 Cystinuria, type III
祁織轡好船麈⊂
腹部の痛み、腎盂または膀胱結石、尿路感染や腎不全、尿道閉塞 Gene: SLC7A9
先天性代謝疾患の一種。加齢とともに軽症化する個体もいる。治療法はシスチン尿石の溶解で、食事療法と利尿管理や尿のアルカリ化の様々な組み合わせによる
2013年Bronsらによって分類体系(タイプ)拡張
常染色体性 マスチフ、ダックス他
178 Diabetes insipidus
尿崩症
多飲多尿 バソプレシン(抗利尿ホルモンまたは血圧上昇ホルモンと呼ばれる脳下垂体から分泌されるペプチドホルモン)欠乏や受容体異常による多尿性疾患 unknown シュナ、シェパ
230 Fanconi syndrome
ファンコニー症候群
発育不全、多飲多尿、くる病、骨軟化症、筋力低下 腎近位尿細管の障害による糖尿、リン酸尿、汎アミノ酸尿、HCO3の喪失(尿中漏出症)。
シスチン尿症の他ウィルソン病や糖原病を合併することもある。またシスチン尿症が原因でファンコニー症候群が発生する場合は成長遅延と網膜に斑状の色素脱失があり進行性腎不全で早期死亡となりやすい
常染色体性 バセンジー
258 Glomerulonephritis
糸球体腎炎
体重減少、よく寝る、たんぱく尿などから悪化する 腎糸球体の増殖性変化と機能障害を伴う疾患群。他の腎炎と同じく悪化するまでの症状が軽く見落としがち。感染症やメスの子宮蓄膿症やオスの前立腺疾患などと関連することも多い unknown *
259 Glomerulonephropathy
糸球体腎症
乏尿、血尿、タンパク尿 免疫機能などが原因で起こる糸球体の炎症による腎炎。糸球体とは腎臓皮質にある腎小体の一部で毛細血管の球状のカタマリ。尿を作る最初の構造で犬の左右腎の糸球体数の平均は415,0002±130,000。この全糸球体の7割の機能が消失すると腎不全となる。 AR Bマスチフ、Fマスチフ、バニ
468 Nephritis
腎炎
多飲多尿、子犬の頃からタンパク尿・血尿、発育が悪い、両側性感音性難聴を合併、食道平滑筋腫・網膜や円錐水晶体眼など眼の疾患の合併もある 症状は遺伝形式によらない。腎炎とは腎臓の炎症。アルポート症候群 unknown *
469 Nephritis, autosomal dominant
常染色体顕性腎炎
腎臓の炎症性疾患の各症状 ネフローゼ症候群、末期腎不全。出生後すぐから進行性尿細管間質性障害 AD ブルテリア、ダルメシアン
470 Nephritis, autosomal recessive
常染色体潜性腎炎
腎臓の炎症性疾患の各症状 嚢胞腎、アルポート症候群 AR Eコッカー
471 Nephritis, X-linked
X染色体連鎖性腎炎
タンパク尿から始まって腎炎の症状が急速に進み多くは生後1年以内に死亡 Genes:COL4A5
*
XR サモエド
472 Nephropathy
腎症、腎障害
腎臓障害、発育遅延、代謝障害、焦点性(単発)壊死性動脈炎、左心房心筋細胞の変性および壊死 Genes: COL4A4
ワイマラナーでは幼犬〜若犬・バーニーズでは2歳半から3歳半に発症したケースがあった
AR シーズー、バニ、ダル、ワイマ、Eコッカー、ボクサー、ロット、Pコギ、Iウルフハウンド、コリー
473 Nephrotic syndrome
ネフローゼ症候群
多量のタンパク尿による低タンパク血症、むくみ、腎機能低下、尿毒症 合併症に血栓塞栓症や播種性血管内凝固症候群(DIC)への進行がある。一般的に腎アミロイドーシスおよび膜性糸球体腎炎と関連している。アラスカンマラミュートでは幼齢、コリーでは若齢の発症が見られている 常染色体性、unknown コリー、マラミュート
561 Polycystic kidney disease
多発性嚢胞腎
口内炎、他に理由のない口臭、排尿異常、食欲減退、体重減少、尿路疾患兆候(診断)、腎不全 Gene: PKD1
片方または両方の腎臓内に複数の嚢胞や病変のある状態。肝臓や膵臓に嚢胞が見られることもあり腎臓の嚢胞は触診でわかることも
AD ウエスティ、コリー、ケアンテリア、ブルテリア、猫、馬、羊
562 Polycystic monophrosis
*多発性嚢胞性単ネフローゼ
多尿、元気消沈、食欲減退、腎臓の炎症、嚢胞の破裂、腎機能低下 嚢胞の破裂が起きると激しい痛み、流体充填嚢が腎臓で形成され早期(1〜2歳)死亡。単一腎? 常染色体性、unknown *
576 Polyuria
多尿
* * unknown *
581 Primary hyperoxaluria type I (Oxalosis I)
原発性シュウ酸尿I型(シュウ酸症I)
過シュウ酸尿症、腎尿路結石、腎石灰化、進行性腎機能障害から慢性腎不全、全身へのシュウ酸カルシウムの沈着(オキサローシス) シュウ酸の過剰産生。ヒトでは肝腎複合移植の適応例にもなる AR チベタンスパニエル、コトンデツレアル
595 Protein-losing nephropathy
蛋白喪失性腎障害
むくみ、腹水・胸水、蛋白尿、低アルブミン血症、高脂血症、高血漿フィブリノーゲン、血栓 おもな発症年齢は2歳から6歳。血漿タンパクが尿に出てしまうため抗凝固因子やプラスミノーゲンが尿中に失われ血清タンパク量が低下、過凝固・低線溶状態によって血栓が作られやすくなる。この血栓は肺動脈や腎静脈に多発(まれに右心房内)、呼吸不全により死亡にいたる 常染色体性、unknown ソフトコーテッドウィートンテリア
605 Renal cystadenocarcinoma and nodular dermatofibrosis
*腎性嚢胞腺がん及び結節性皮膚線維症
主に四肢と頭の上の皮下のしこりと腎臓肥大、多飲多尿、腹部の膨満、貧血 Gene: FLCN
通常5歳以上で発症、オスの発症はメスの2倍だがメスは子宮の腫瘍も併発する。1歳以前の腎生検で嚢胞性病変(AD)が判明
AD、AR Gシェパ
606 Renal disease
腎臓病
腎疾患の主な症状は多飲多尿、嘔吐、体重減少、高窒素血症、高リン血症、低カルシウム血症、非再生性貧血 * 常染色体性、unknown コーギー、チャウチャウ
607 Renal dysplasia
腎形成不全
腎疾患の症状・個体差が大きい Gene: PTGS2
泌尿器は胎生学的に複雑な発育をするため他の器官に比べて腎臓の先天奇形は多い。(先天性単一腎congenital solitary kidneyの症状;腎欠損側の腹痛・生殖器奇形・不妊・排尿障害)
OFAに遺伝子検査の案内あり
ARか
608 Renal hypoplasia, bilateral
両側性腎形成不全
尿管の未発達による慢性腎不全 3〜24ヶ月に発症するとあるのでこの項は腎皮質形成不全のようだ。
参考;ポッター症候群(胎児期に発症する(というか形成されるべき時期に形成がされない)ので羊水が少なく、その結果肺も低形成)
常染色体性、unknown ビーグル、ダックス、ドーベルマン
609 Renal insufficiency
腎不全、腎機能不全
* * unknown *
610 Renal nephropathy
腎障害
* * unknown *
686 Urolith, cystine
*シスチン尿路結石
* 尿中に排出されたシスチンは再吸収されないと尿中濃度が高くなり結晶するが、結晶が大きくなると白色の尿結石となる unknown *
687 Urolith, KMgP
*KMgP尿路結石
頻尿、尿路感染、排尿困難、嘔吐・下痢、(徐脈) 尿中のミネラル、カリウム、マグネシウム、リンによる結晶形成 unknown
688 Urolith, urate
*尿酸尿路結石
* 尿酸は高尿酸血症や高尿酸尿症など尿が酸性になった時にできやすい unknown *
689 Urolithiasis
尿路結石症
* Genes: SLC2A9 尿路とは腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる部分 unknown *
707 Xanthinuria
キサンチン尿症
ヒポキサンチンとキサンチンの筋肉や関節への蓄積による筋肉痛、関節痛や尿路結石、血尿、無症状もある 生体内でプリン化合物が分解したときに生じるキサンチンはキサンチンオキシダーゼの作用で尿酸へ変換されるが、キサンチンオキシダーゼの欠損により血中や尿中のキサンチン濃度が上昇する AR *


このページの先頭に戻る****** 前のページ****** 次のページ